任意整理で借金の利息をカット

借金が少ないときの利息は微々たるものですが、追加融資を受けて増えてくると大きな負担になってきます。それでもカードローンは返済した直後に借入できるので、どうにかやりくりできていました。しかしあるときローンの利用明細を見たとき、ほとんど元金が減っていないことに気づきました。元金を減らすためには毎月の返済額を今以上に増やす必要がありますが、現実的にかなり厳しい状況にあったので、弁護士に相談しようと思ったのです。

 

当初は自己破産をして借金をゼロにしようと考えましたが、官報や破産者名簿に掲載されるなどのデメリットがありました。弁護士は自己破産や個人再生をするほど債務は大きくないので、任意整理がよいと言ってくれました。任意整理は将来の利息をカットし、元金のみを3年かけて返済していく方法です。5万円という格安の報酬で整理できますし、債権者側も交渉に応じてくれることが多いそうです。

 

そうして弁護士と受任契約をしてからは、債権者から連絡がくることは一度もありませんでした。債権者と弁護士のやりとりになるため、返済を請求する電話・郵送書類などが自宅にきたことはありません。任意整理の和解案が決定したあとは、借入していた100万円の元金を3年で返済していくことになりました。